南山の先生

學部別インデックス

総合政策學部?総合政策學科

星野 昌裕

職名 教授
専攻分野 現代東アジア研究、現代中國政治
主要著書?論文 『現代中國政治外交の原點』(共著、慶應義塾大學出版會、2013年)、『東アジア分斷國家』(共著、原書房、2013年)、『黨國體制の現在』(共著、慶應義塾大學出版會、2012年)、『中國は、いま』(共著、巖波新書、2011年)、『現代中國の政治的安定』(共著、アジア経済研究所、2009年)、『中國をめぐる安全保障』(共著、ミネルヴァ書房、2007年)ほか
將來的研究分野 東アジア共同體、中國の民族問題、中國?朝鮮半島関係、中臺関係
擔當の授業科目 「政治変動論」、「國際政策論」、「総合政策プロジェクト研究」、「アジア政策研究」(大學院)ほか

中國における少數民族の「少數」が意味するもの

私が中國の少數民族問題に関心を持ったのは、1990年夏にシルクロードで有名な新疆ウイグル自治區をバックパッカーとして個人旅行した時です。北京から二等寢臺列車に乗ること88時間、車中3泊4日の旅の果てにたどりついたウルムチという町の景観は、私の中國イメージを完全に打ち砕きました。そこに居住するウイグル族は顔立ち、服裝、食文化の面で中東風情にあふれ、イスラム教を信仰しています。當時、大學3年生だった私は、それらのすべてが日本や中國に代表される東アジア文化とは異質な空間に感じ、毛沢東の描かれた紙幣を使ってウイグル族が商売をしていることに大きな違和感を持ちました。この経験を通じて私は、社會主義システムをとる多民族國家中國が、如何にして國家の統合を保持しているのか、すなわち中國の民族政策はどのようなものだろうかという政治學的な問題関心を持つようになったのです。

現在中國では56の民族が公認されていて、このうち漢族を除くウイグル、チベット、モンゴル、朝鮮族など55民族のことを少數民族と総稱しています。2010年の人口調査によれば、少數民族は8.4%にすぎませんが、55の少數民族の人口をすべて足すと1億1197萬人で日本の人口に匹敵するほどです。個別の民族を見ても、ウイグル族1007萬人、チベット族628萬人、モンゴル族598萬人ですから、大相撲でおなじみのモンゴル國の270萬人をはるかに上回る人口規模です。彼らが「少數」とみなされるのは、人口の9割を占める漢族との相対的な関係でしかないのです。少數民族が比較的多く住む地域は民族自治地方と呼ばれ、5つの自治區、30の自治州、120ほどの自治県にわかれています。その民族自治地方の総面積は中國全土の64%で、周辺國との陸地國境線のほとんどを占めています。つまり中國は、國境沿いの広大な領域に、漢族と異なる獨自の文化を有する絶対人口の大きい少數民族を抱える多民族國家なのです。こうした少數民族の特徴から、中國の統治者は民族問題を、少數者へ優遇策を講じる問題ではなく、國家統合を確保するための安全保障上の問題として認識することになります。

中國の民族政策は民族區域自治制度と呼ばれ、民族自治地方に居住する少數民族には一定の自治権や優遇策が與えられ、大學入試の得點が加點されたりします。また民族自治地方の政府機関の首長は少數民族が擔當することになっています。しかし、中國共産黨の一黨支配體制をとる中國では、民族自治地方でも真のリーダーはその地方の共産黨の書記で、そのポストはほぼ漢族に獨占されています。つまり、少數民族にとって中國共産黨の一黨支配體制は漢族による政治権力の獨占にほかならず、漢族支配が強まることへの不満から、少數民族のデモや民族運動が発生します。

「ウイグル族の女性たち」新疆
ウイグル自治區カシュガルにて星野が撮影

中國の政治體制が民主化すれば、少數民族の権利が保護されるという議論もありますが、少數者への優遇措置が講じられる民主化でなければ、結局のところ民族自治は保障されません。また中國の民主化は社會主義制度を前提にした國家システムの再検討を意味します。したがって、例えばチベット問題が本格的に動き始める時は、東アジア全體の地域秩序が変動する時です。新たな國家システムが機能するまでには多くの混亂が予想されますが、東アジアの一員である日本は地域の望ましい將來像を検討しつつ、中國の民族問題に対処する政策をしっかりと立案する必要があります。

草蜢社区在线观看免费下载