南山の先生

學部別インデックス

法學部?法律學科/法務研究科

青木 清

職名 教授
専攻分野 國際私法、韓國法
主要著書?論文 『國際〈家族と法〉』(八千代出版、2012年)(共編)、『韓國家族法-伝統と近代の相剋-』(信山社、2016年)
擔當の授業科目 「國際私法」

日本人の山田さんと韓國人の金さんが結婚すると、彼らの名字はどうなるのでしょう?

【設例】みなさんもご存知のように、日本では、例えば山田さんと鈴木さんが結婚した場合、その夫婦は、山田か鈴木のいずれか一方を選んで、二人で同じ名字を名乗ります。これは、日本の民法750條がそのように規定しているからです(これを夫婦同氏といいます)。これに対して、韓國では、金さんと樸さんが結婚しても二人の名字は変わりません。結婚後も、従來からの名字をそのまま名乗ります(これを夫婦別姓といいます)。韓國には、生涯、姓が変わらないという「姓不変の原則」があるからです。

では、夫婦同氏というルールを持つ日本人と夫婦別姓というルールを持つ韓國人が結婚したら、その夫婦の名字はどうなるのでしょうか?

【國際私法とは?】世界の各國は、それぞれの立法権に基づき獨自の內容を有する法を持っています。ここにあげた名字の問題も家族法上の問題の一つとして、各國は、それぞれ獨自の考えに基づき氏名に関する法律を定めています。その結果が、日本法上の夫婦同氏であり、韓國法上の夫婦別姓なのです。そして、人々の生活が一國內だけで完結していれば、その人たちにそれぞれの國の法が適用され問題が解決されます。しかし、ここにあげた山田さんと金さんの結婚のケースのように、國境をまたいだ形で一定の法律関係が発生すると(これを、國內事件と區別するため、渉外的法律関係と呼びます)、狀況は一変します。世界にはこの種の問題に関する統一ルールがないため、それを解決するには何らかの特別な手當てないし規律が必要になってきます。少なくとも、國內の事件と同様の処理はできません。

実は、こうした問題は、何も婚姻に限ったことではなく、養子縁組や相続、さらには契約や損害賠償といった問題にもあてはまることです。もちろん、日韓間に限られるものでもありません。

こうした、國境をまたいだ形で発生する渉外的法律関係を処理するのが「國際私法」という法律分野です。どうでしょう、いくらかイメージが湧いたでしょうか?私自身は、この國際私法のうち、特に家族に関係する問題いわば國際家族法とでもいうべき領域を日韓間の問題を中心に研究しています。

ところで、上記の設例ですが、その解決法については、學説、裁判例、戸籍実務において大きく見解が対立しています。シンプルな事例なのですが、國際私法上は、昔から議論されている大きな爭點の一つです。その対立構造を理解するためには、そもそも各國の法の存在をいかに考えるか、こういった點から検討しなければなりません。さすがに、この限られたスペースでは、それらを十分に検討、分析することはできません。

ということで、こうした問題に関心を持った人は、私の講義に出て下さい。そして、これらの問題を私と一緒に勉強しましょう。

草蜢社区在线观看免费下载