文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

南山大學?豊田工業大學 連攜ニュース2016年度 南山大學?豊田工業大學連攜講演會

テーマ:「『持続可能な社會』について考える」

【講演1】資源?環境?エネルギー問題と「水素」

講師

豊田工業大學 工學部

教授 本山 幸弘

最近、溫暖化ガスや資源枯渇、再生可能エネルギーや燃料電池といった言葉を耳にしますが、よくわからないということはありませんか?
本講演では、これらの用語を含め、「資源?環境?エネルギー問題」とその緩和への取り組みを解説します。
特に、「化學」や「觸媒」の観點から、生活に不可欠な材料の合成やエネルギーの活用に水素を最大限に生かす「水素社會」の実現に向けた取り組みを紹介します。

【講演2】科學技術とサステナビリティ

講師

南山大學 外國語學部

教授 神崎 宣次

科學技術がさまざまな環境問題の解決に役に立ち、サステイナビリティ(持続可能性)の実現に貢獻するのは疑いようがありません。とはいえ、20世紀の中盤あたりの時期には科學技術こそが環境破壊、環境汚染の原因であるとされたことも事実です。この講演では、このような両義的ともいえる科學技術とサステイナビリティとの関係について、歴史的経緯をお話しした上で、いま私たちはどう考えたらいいのかを、倫理學の観點を踏まえつつ、わかりやすく検討したいと思います。

日時 2016年11月20日(日) 13:30~16:00(13:00開場)
會場 豊田工業大學 大講義室(名古屋市天白區久方2-12-1)
スケジュール
  1. 開催挨拶
  2. 連攜趣旨と概要?実績等の紹介
  3. 【講演1】「資源?環境?エネルギー問題と『水素』」
    /豊田工業大學 工學部 本山 幸弘教授
    【講演2】「科學技術とサステイナビリティ」
    /南山大學 外國語學部 神崎 宣次教授
  4. 質疑応答
參加費 無料
定員 200名(參加費無料、事前申込制、応募者多數の場合は抽選を実施。當選者には7日前頃を目途に招待券を送付。)
申込期限 2016年11月6日(日)必著

受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

申込方法 豊田工業大學ホームページの所定フォーム(暗號化SSL対応)からご応募ください。ご応募は、ハガキでも受付けます(電話?FAXでは受付けておりません)。
いずれの場合も、參加希望者および同伴者(1名まで)の郵便番號、住所、氏名(ふりがな)、年齢、連絡先電話番號をご記入ください。
申込先 【ハガキ】〒468-8511 名古屋市天白區久方2-12-1 豊田工業大學渉外広報グループ「連攜講演會」係
問合せ先 南山大學學長室/phone:052-832-3113
豊田工業大學渉外広報グループ/phone:052-809-1764

個人情報の取り扱いについて

収集した個人情報は、受講?キャンセル受付、受講票の作成?発送、受講者リストの作成、講演會受付?今後の講演會開催のご案內のために利用します。なお、収集した個人情報は、受講票発送手続きのために委託業者にも提供いたします。

草蜢社区在线观看免费下载